通信制大学院は忙しい社会人も無理なく研究を続けられる?


学習支援が整っている通信制大学院なら社会人も安心

通信制大学院は、一般的な大学院とは異なり頻繁に通学をする必要がなく、主に自宅でテキストやパソコンなどのメディアを使って研究を進められるシステムが採用されています。特に、文学や心理学、社会学といった文系の分野の研究ができる通信制大学院の中には、数回のスクーリング授業の参加で修士や博士の学位を取得ができるところも少なくありません。そのため、仕事が忙しくて一般的な大学院では思うように研修ができない場合には、通信制大学院への入学を積極的に検討すると良いでしょう。また、通信制大学院の中には学内のSNSを通じて、一人ひとりの学生に対するサポートに力を入れているところもあり、途中であきらめずに研究に臨むことも可能です。

学び方によっては授業料の負担を軽くすることも可能

通信制大学院の授業料は入学をする研究科のジャンルや単位の取得数にもよりますが、学び方次第で家計に負担を掛けずに学位の取得を目指すことも可能です。たとえば、スクーリング授業や演習、実習などの回数が少ない通信制大学院の中には、年間の授業料が二十万円から三十万円程度のところもあり、それほど経済的に余裕がない人もお金の心配をせずに学ぶことが可能です。なお、学生の募集を始めて間もない通信制大学院の中には、入学試験や定期試験、レポートなどの成績が優秀な人を対象に、授業料の免除を行っているところも少なくありません。そこで、なるべくお金を掛けずに通信制大学院で学びたい人は、学生に向けたサポート制度について入学前にきちんと調べておきましょう。

4年制大学で教員免許を取得した人は、通信制大学院に通って単位取得などを行うことで専修免許を取得することができます。

Back To Top